第1話内容【ダウンタウン物語】

1987年~1988年にかけて、毎日放送で放映されたドラマ。
当時24歳のダウンタウンが本人役で出演している。
漫才師の二人が、私生活では事務所を構え、探偵業をしているという設定。


主題歌:「Broken Heart」(子供ばんど)


第1話キャスト(OPクレジット順)
松本人志・浜田雅功(本人役)
中田ボタン
後藤真美(真美)
桃山みつる(母)
藤井登(父)
森秀人(老人)
小笠原町子(主婦)
坊珠美(子役・出前娘)
國村隼(バーテン)
大工富明(大工)
今田耕司
岡ゆう太
小野みゆき(志濃)


あらすじ
「4時ですよ~だ」に出演するダウンタウンは、タレント業の傍らで共同生活を行い、探偵事務所を開いていた。

探偵の仕事を斡旋する謎の美女・志濃さんから誘拐事件の極秘調査を依頼された二人は、早速調査に乗り出す。
誘拐された真美という少女は「4時ですよ~だ」の観覧へ出かけたきり、姿を消したという。

しかし調査は難航し、 街の人々への聞き込みを行うも犯人の手がかりは一向に掴めない。

プールバー【snooker】にて、浜ちゃんは「タレントとして何とかやっていけそうだから」と探偵稼業に消極的になる。
松ちゃんは続けると言うが、犯人から手を引けとの脅迫電話を受けてしまう。
この事件の調査をやめようかと話す二人だが、バーへ志濃さんが現れ進捗を聞かれると松ちゃんはコロッと態度を変える。

その後、探偵事務所にも無言電話がかかってきたため警戒するが、電話の主は浜ちゃんのツケを回収しに来た中華料理屋【春風軒】の出前娘であった。
出前娘から領収書と称し、何故か犯人の居場所が書かれた地図を渡された二人はカッコイイ車(ドアが上に開くやつ)で大阪港へ向かう。

拳銃が乱射されるなか犯人と対峙するダウンタウン。
サインを書いたり犯人のお母さんの似顔絵を描く。
最終的に、松ちゃんが前借りした『浜ちゃんの3年分のギャラ』を身代金として取引することに。

ところが人質の真美は犯人のおじさんを好きになったと言い、犯人に対し一緒に逃げようと言い出す。
もめる犯人と真美の隙をついて拳銃を奪い、二人は見事犯人を捕らえることに成功。
志濃さんに引き渡し、浜ちゃんは現場に忘れて来てしまった自分のギャラに気付き騒ぐのであった。


第1話の印象では、浜ちゃんがややずぼら、松ちゃんがきっちり神経質なキャラクター設定という感じ。浜ちゃんに「洗タクくらい自分でせえよ!」というメモを渡したり、落ちているゴミに小言を言ったりしていた。
出前が多い浜ちゃんに対し、自ら料理もしているもよう。
タイトルとURLをコピーしました