第7回内容【ガキの使い】

1989年11月14日放送

新宿よりスタート。

外国の人に話しかけたり、花屋さんでバラを一輪ずつもらうダウンタウン。

胸にさして歩きます。

サラリーマン風のおじさんに、関西から来たんかい?と話しかけられる。

これから漫才をやるんで良かったら・・・とまたもお客さんにスカウト!おじさんと一緒に会場まで歩く・・・いや、誰(笑)

会場は新宿・コメディシアター。

今まで一番大きい小屋とのこと。


漫才は
超能力(Mr.マリック)
占い
食いしん坊はいやしん坊


お前くるくるぱーやろ、と言われた浜ちゃんの表情がかわいい(笑)松ちゃんの冷めきった表情(目)も好きなんですよね。(ね。と言われても・・・)

トークでは今回、モニターが登場。

「全員出席!笑うんだってば」で時間的にオンエアにならなかったコントを放送。

もったいないでしょ!?一生懸命やってんのに!と浜ちゃん。

アシスタント女性は今までで一番綺麗(スタッフ談)とのこと。小麦色の肌がさわやかです・・・。


ハガキは「浜ちゃんのよく言う「いてまうど」「わいとんのか」はどういう意味なんですか?


というわけで、大阪弁講座。

「わいとんのか」→「アホなんか」「おかしいんか」

「いてまうど」は・・・浜ちゃんが説明するのに「しばく」や「かます」、「どつきまわす」など使いますが全部大阪弁っぽい(笑)

ちなみに、横山やすしさんの言葉は大阪弁というよりは特殊な、横山さん独自の言葉なのだとか。そして二人でモノマネ。

さらに東京人(?)の話題・・・松ちゃんが東京のメイクさんを笑わせたら、笑うだけ笑ったあとに「おかしいかもしれない」と言われたという話も。

かもしれない(笑)何やねん!と・・・。

最後は番組プレゼントを作ろうとの提案。

皆引くと思うけど・・・と言いつつグッズ案(下ネタ=ダウンタウンの顔写真がプリントされたスキン)を2回も言う松ちゃん。

エンディングトークは引き続きアシスタント募集の話。

この件では松ちゃん、芸能界の汚さを教えられたと・・・(笑)

良い(女の子の)応募封筒は誰かが隠して、どこにいったか分からなくなった(!)そうです・・・。

番組プレゼントも色々と考えていくとのこと。


大阪東京問題(?)トークはまだまだ引き続いています!

しかしトーク中、「東京にちょこちょこ住み始めた」という言葉が出てきたりで、段々と拠点が移っていく様子が見て取れますね~。

漫才のなかでは「気孔」の西野先生の名前も。

「ダウンタウンの1億2000万人スーパー電リク」の気孔シリーズに出演されていた西野先生ですが・・・あれは信じるしかなかった。

何より、あのダウンダウンが吹っ飛ばされているので!二人揃って舞台から転げ落ちたのにはウワー!!となりました。

(正確には、松ちゃんは気孔によってではなく?飛ばされた浜ちゃんを支えようとして一緒に落ちました。支えきれずに落ちてしまったとはいえ、格好良い!)

と、ここまで書いてついでに映像を確認してみましたら、ダウンタウンを「まとめて倒した」(笑)のは先生ではなく元team0の軌保さん(+先生の助力付き)でしたね。

尚更すごい。習いたい・・・

もうひとつ、今回は個人的に好きな浜ちゃんのツッコミ「思いつきで喋んな」が出ました。

浜ちゃん「思いつきでしゃべるからそんな目に合うねんお前は・・・」・・・(笑)

何か好きなんだよな~!もちろん、思いつきで喋っちゃう松ちゃんも(笑)

こういった極個人的なツボを今後も書いていこうかと・・・)

そして気孔について言及したら長くなってしまいました。

tori

タイトルとURLをコピーしました