第35回内容【ガキの使い】

1990年6月5日放送


オープニングは
・『第1回ガキの使いやあらへんで!!チキチキハスラー3


今回はビリヤード対決です。
場所は目黒区 Sun Billiard 。

ビリヤード台の後ろには番号のついた箱が並べてあります。
同じ番号のボールをポケットに入れると、中に入っている賞品がもらえるとのこと。

ルールは
・何をもらっても絶対に家に持って帰る
・手玉を落とした場合、落ちた瞬間にダウンタウン&スタッフ全員で新田マネージャーに殴りかかる(??)

対決の前に賞品を紹介。
1番→ゆでだこ
2番→黄色いTシャツ
3番→定価4万円のカメラ
4番→丸大豆醤油一年分
5番→番組スポンサーよりウイスキー3本
6番→おむつ一年分
7番→花輪を2つお持ち帰り
8番→おばあちゃん
9番→七面鳥・・・?

(浜ちゃん「8、9はいらん」(笑))

おばあちゃんお持ち帰りに対しては、ぽたぽた焼きでも焼いてくれんのかな、と松ちゃん。

開幕、松ちゃんが2番のTシャツをゲット!
この黄色いTシャツ、プレミアがつくと言っていたので、24時間テレビのTシャツでしょうか?
ちょっと分からないのですが、おそらく。

そしてミラクルショットを見せるという松ちゃん、手玉をイン!
提供バックでは、(皆に蹴られて)床に倒れている新田マネージャーが・・・(笑)

8番ボールを「おばあちゃん」と呼び邪魔に扱うダウンタウン。
しかし生きた七面鳥をゲットしてしまった松ちゃんは逆に(?)「8狙うわ」とおばあちゃんをもゲットします。

結果、浜ちゃんは花輪とおむつをゲット、それ以外の賞品は松ちゃんがゲットということで松ちゃんの勝利!
七面鳥には「ヒッチー」、おばあちゃんには「うめ吉」と名付けたとのこと・・・(笑)

紐でつながれた(!)おばあちゃん、松ちゃんと共に去っていきました。
(松ちゃん「僕グリーン乗るけどおばあちゃん自由やから」
 浜ちゃん「自分で席探しや」(笑))

会場は目黒区福祉センター。

ダウンタウンが登場すると、コンサートのように立ち上がって盛り上がるお客さんがいたようで、ツッコまれてました。


トークは
ちびまる子ちゃん
子供の頃の思い出
謎のグッズ
下駄箱スルメ

など。


最近テレビ何が面白い?という話題から。
流行りのドラマも含め、あまりテレビを観ないという浜ちゃんに対し、やっぱりアニメが好きだという松ちゃん。

最近のアニメにピンと来ていない浜ちゃんに、松ちゃんは「アニメといえば今!分かってるやろ!」「今めっちゃめちゃオモロイ漫画分かるやろ!?」とヒートアップします。

お客さんの中からも声があがりましたが、『ちびまる子ちゃん』!

『ちびまる子ちゃん』はアニメ放送開始が1990年1月7日ということなので、この頃は放送開始から約5ヶ月といったところですね。

松ちゃんは、昨日今日のファンではないそうで、一年くらい前から単行本を読んでいたそうです。
浜ちゃんは「アニメで笑おうなんて思ったことない」という意見でしたが、“子供の頃の忘れかけていた記憶”、“子供の頃の馬鹿さ加減”が面白いと「ちびまる子ちゃん」を好む松ちゃんでした。

その流れで子供の頃の話。

夏場にお父さんから、(暑い&家にクーラーがないので)「単車乗したる」と急に言われた松ちゃん、乗せられて走っている最中は、マジで捨てられると思ったそうです(笑)
そういう(子供ってそんなこと思う)のが「ちびまる子ちゃん」には出てるとのこと。

いつか4コマ漫画を出したいと思っているが、中々漫画は難しいとも話していました。
浜ちゃんも、「(松ちゃんは)絵は上手いのよ」と。
お笑いマンガ道場に2コマ漫画を出したこともあるそう。

子供の頃にハガキを出して(?)買ったオモチャの話も。
「タバコを吸う人形」や「南米ガラナチョコレート」など、謎の商品の名前が出てきます。
「南米ガラナチョコレート」は、女性に食べさせると眠たくなる(!?)というモノだそうですが・・・一体。

そして、そういった色々なグッズをこの番組で試すのはどうか?と。
(浜ちゃん「君が食うんか南米ガラナチョコレート」
 松ちゃん「俺寝てどうすんねん」(笑))
「興奮するチョコレート」「透視メガネ」なるモノもあるそうですが・・・(笑)

その他、子供の頃考えていた「11PM」を観るための工夫、特許について、松ちゃん考案のグッズ『下駄箱スルメ』(?)など。


ハガキは
究極の選択

街に行くなら・・・覆面して裸vs素顔でビキニ姿
エロ本に載った自分を母親が見つけるvs母親が出てるエロ本を見つける


ハガキの前に、制服姿のアシスタント女性がモニターを運んできます。
モニターからは、以前も放送したミスタードーナツのCM(ダウンタウンが出演した一番最初のCM)が再び!
今回アシスタントに応募してきた彼女も、店内の客役として出演していたそうです。

究極の選択では、松ちゃんは冗談抜きで「覆面して裸」だと。
松ちゃんは裸を見られることを、少しも恥ずかしいと思わないそう。
(浜ちゃん「なら覆面取って行きぃや」
 松ちゃん「・・・・・・・まぁね」(笑))

浜ちゃんによると、松ちゃんはウ○コをしているトコロを見られるのもあまり恥ずかしくないそうで、大阪のラジオで本番中、パンツを脱いでお尻を使った芸(※オブラートに包んで記載しています(笑))をしたこともあると・・・。

まだまだ続くウ○コの話や、昔二人でツレの家の留守に(合い鍵で)入った話も・・・。
浜ちゃんの流れないウ○コを再現する松ちゃんが・・・(笑)

帰りしな、お客さんにモノマネをせがまれ、浜ちゃんご推薦(?)の「ライター」のモノマネをすることに。
松ちゃんがやる前から既に(ツッコむ)右手を用意をしている浜ちゃん。

エンディングトークでは、スタッフGジャンに代わる番組グッズを作ろうということで、案を募集。


松ちゃんが「ちびまる子ちゃん」を好きだと話していましたが、確かさくらももこさんの昔のエッセイ(『そういうふうにできている』だったかな?現在手元になく確認が出来ないので、間違っていたらすみません)で、日常的にダウンタウンの番組を観ているようすが描かれていました。

中でもさくらさんが「粉瘤」になってしまったエピソードでは、病院に行くまで(てっきり重い病気だと勘違いして)鬱々としていた場面で
『心から笑えなくてテレビの中の松ちゃんにも申し訳ない』というような文があり、特に印象に残っています。(うろ覚えですが)

なのでこの回、松ちゃんが結構な熱量で「ちびまる子ちゃん」を好きだと言っているのを聞いて、おっ両想い(?)だった!!と、ほのぼのしてしまいました・・・(笑)

初期の「ちびまる子ちゃん」は本当に面白いので、また観たくなります。

tori

タイトルとURLをコピーしました