第38回内容【ガキの使い】

1990年6月26日放送


オープニングは
・『第1回ガキの使いやあらへんで!!チキチキぼんさんが屁をこいた!!


公園らしき場所で、「ぼんさんが屁をこいた」(=「だるまさんが転んだ」)で遊ぶダウンタウンとスタッフ。

松ちゃんはお坊さんの格好をしています。坊主頭のカツラも被っていましたが、かぶりものが嫌い(?)とのことで早々にゴミ箱へイン!

ちなみにスタッフの扮装は
・大友さん→インディアンのふんどし
・小林さん→ちゅうちゅうたこかいな
・柳岡さん→だるまさんが転んだ(着ぐるみ)
・新田マネージャー→SM女王様

浜ちゃんのオニはフェイント多し。松ちゃんは早くも捕まってしまい、お手々をつながれます。が、振り向いたオニの視界をふさぐなどして妨害。
着ぐるみだるまによる捨て身の体当たり攻撃も・・・(倒れたのち浜ちゃんに蹴られまくるだるま(笑))

松ちゃんのオニでは、何故か見物人の子供に目を奪われるオニ。
松ちゃん「動いたッ!!」
 浜ちゃん「違うガキやガキや!」(笑))
途中、ダウンタウンの中でやりたいネタがあったらしく、わざわざフリ直す場面も!
この時の、二人の間でしか通じてなさそうな会話が好きです。

会場は豊島区立南大塚ホール。

トークは
最近ドラマを始めた浜ちゃん
演技力と歌唱力

変わった帽子を被って登場した浜ちゃんに、米寿の祝いのような格好でよろしいですな、と松ちゃん。

最近一人でドラマに出ていることについて、浜ちゃんは「お前(松ちゃん)がヤル気ないだけ」、と。

松ちゃんは待ち時間など、長いのが性に合わないそうです。ただし、演技力と歌唱力は自分の方があると豪語!“歌唱力”と言った瞬間、手を叩いて笑う浜ちゃん。
浜ちゃん「吉本で歌ヘタなん島田紳助とお前やないか」(笑))

結果、さんまさんも入れた三人が、「歌ド下手ベストスリー」とのことですが・・・。
松ちゃんにはお客さんから、「うまいよ~!」とフォロー(!?)が♪

すると浜ちゃんがレコーディングについて淡々と説明。
とあるレコーディングでは、松ちゃんが3時間かかり、浜ちゃんは30分で終わったそうです。

松ちゃんの提案で、美空ひばりさんの『川の流れのように』のサビ部分を歌ったり、『彼女との待ち合わせシーン、向こうから走ってきた彼女に振り返りざま微笑みかける顔』をさせられる浜ちゃん(笑)

松ちゃんのお題に対し、何でそんな『微笑み』好きなん?と言いつつ、ネタフリ。
浜ちゃん「一番オトしやすいねんこいつの笑顔っていうのは」「ズドーンとオチるから」)

松ちゃんの“100万ドルの笑顔”・・・(笑)
目が笑ってないというのか、何と形容すればいいのか、例によって鉄板な笑顔です。

他、『上司の悪口を言っていたら後ろから当の上司に肩を叩かれ二度見して驚く』演技など。

ハガキは
・(松ちゃん噛む「とくめいきびぇお・・・」(笑))
私の学校には大阪に行ったら笑われても仕方ないと思われる名前があります。その名も「馬場大」
・(松ちゃん噛みかける?)
吉本は年に一度給料の交渉をする?今いくよくるよさんはシースルーの衣装を着て交渉・紳助さんは巻物に書いて交渉・のりおさんは女を紹介して交渉と努力しているようですが、ダウンタウンと野沢直子さんはまだこの仕組みに気付いていないと言っていました。本当にこの仕組みに気付いていないのですか?交渉に臨むとしたらどう交渉しますか。
ちなみに阪神巨人さんはストを起こして仕事をしないと言ったら一生休んでよいと言われたそうです

アシスタント女性に口パクでツッコミを入れる浜ちゃん。

一枚目のハガキの途中、浜ちゃんが自分のズボンのチャックが全開だったことに気付き、ビックリして直していました。
アイドルでもないんだからどうってことない!と松ちゃん。
ここ(ズボンの裾)から先っちょが出てたらさすがにビックリするけど、と・・・。

二枚目のハガキを受けて、ダウンタウンの『交渉の分担』についての話。ちゃんと分かれているそうで、

松ちゃん→仕事量の交渉・・・このレギュラーはやっていこう・これはもうええで・こんなんやってみたい、など

浜ちゃん→お金の交渉・・・コレに汚いんじゃぁ~こいつぁ~!と松ちゃん(笑)
浜ちゃんによると、一番最初に松ちゃんが何も言わなかったため自分にまわってきた役割だそうです。

お互い、金に汚いと言い合い・・・。
松ちゃん「(コイツは)いざとなったら髪の毛売るよ」
 浜ちゃん「戦時中か」(笑))

浜ちゃんいわく、楽屋ではマネージャー相手などに、ギャラが少ないと散々悪態をついていた松ちゃん。そこでお金の交渉のため、ダウンタウンとマネージャー&部長で焼き肉屋に行ったそうです。

しかし、「なんぼ欲しいねん」と訊かれた松ちゃんは、「いや僕は別に・・・」「金のことは浜田が・・・」と(笑)
おい!!となりつつ浜ちゃんが希望の金額を伝え、それからそういう役割になったとのこと。

まだ続くギャラ交渉の話、吉本は不思議な会社・・・など。

吉本の会長(当時)の話では、92才の会長が本社で杖を持って暴れまくったと。理由はトイレに流していないウ○コがあったからで、マネージャー全員に「私はトイレ行ったらちゃんと流します」と一筆書かせて判子を押させたことがあったそうです。

他、「吉本のやり方」の話などなど。

エンディングトークは前々回のスペシャルの話、これからの企画、視聴者プレゼントしたねこのぬいぐるみ「ラッキー」のその後。

途中で浜ちゃんは、松ちゃんに「基本的にカメラ向いて喋ってよ」と・・・。
松ちゃんがずっと横(浜ちゃんの方)に向いて話すためですが、大体いつもこんな感じな気がします・・・(笑)

最後はカメラに向かって謎のポーズをする松ちゃんでした。


ワンフレーズカラオケじみたものから演技まで、松ちゃんに言われるがまま律儀に(?)やってあげる浜ちゃんが可笑しいです。
あと、松ちゃんの笑顔ホント好き(笑)
浜ちゃんが「(松ちゃんの)笑顔はオチる」と説明した時のお客さんの反応が「あ~(納得)」だったのにも、また笑いました。

tori

タイトルとURLをコピーしました