第4回内容【ガキの使い】

1989年10月24日放送

新宿二丁目よりスタート。

本屋さんを覗く二人はすごい本を発見。
心なしかカメラさんの手が震えているとのこと。

会場はビブランシアター。

ワンクッションなくいきなり登場した二人!

漫才は
アニメ(サザエさん、妖怪人間、超人バロムワン)
子供の頃
野球

漫才が終わって一旦舞台袖にはけ、「頭が痛かった」「久しぶりやねこのネタ」「今ので何分くらい?」と色々喋っている二人。

そこへ突如水着を着たお姉さん登場!
前回言っていたアシスタント。二人とも知らなかったそうでびっくりしていました。
スタッフの対応早し。

トークでは、浜ちゃんがクイズ番組で里見浩太郎さんに「ワレコラ!」と言って松ちゃんがドキドキした話など・・・

浜ちゃんは大阪の番組で、素人さんに「ブッチャー!!」と首を突かれて腹が立ち、怒りのあまりセットを蹴ったら倒れたセットがその人の頭に直撃したそうです。

それを聞いて諭す?松ちゃん。
俺は気が長いから・・・と言いますが、空港でおっさんにキレた話をばらされます(笑)

おじさんにぶつかられてミネストローネをこぼした松ちゃん。

大阪弁の怒号が空港中に響き渡ったそうです(笑)
熱々の、とろけたような玉葱が手に乗ったので仕方なかったとのこと・・・。

その後も色々なキレ話。
ダウンタウンがレコードを出したという話も。
ざわめくお客さんに、シングルは初めてやけど前に5曲入りCDは出してる!と説明していました。

エンディングトークではアシスタント女性募集について。

18歳から30歳まで!と決めていました。


超人バロムワン、自分は全く知らなくてどんな絵柄?かも分からないんですが、「魔人クビゲルゲが窓からのぞく!!」の回はちょっと観てみたいですね・・・。

tori

タイトルとURLをコピーしました